[ 展覧会、レクチャー、ワークショップ ]

じぶんの服をじぶんで染める ー自然・共生・地域・異世代交流ー

共催:東京藝術大学GEIDAI FACTORY LAB、日本環境マネジメント株式会社
協力:学校法人愛隣学園幼保連携型こども園取手幼稚園、茨城県立取手松陽高等学校

開催時期未定(9月に実施予定だったが延期)

取手市立かたらいの郷(ワークショップ・展示)

このプロジェクトは、幼稚園児の服をつくるワークショップを通して、自然との共生や世代間交流について考える機会をつくるものです。ワークショップは取手幼稚園の園児が主体となり、取手松陽高校美術科の高校生がサポートしつつ、周辺の自然素材から抽出した色から染めて園児達の服をつくります。完成した服はワークショップの写真と共に、かたらいの郷に展示されます。東京芸術大学取手キャンパス、高齢者福祉施設かたらいの郷、取手幼稚園、取手松陽高校は、それぞれが異なる世代による施設ですが、県道沿いのご近所です。自然との共生を感じるワークショップを軸に異世代がまざりあう、新しい地域交流の場が生まれることを期待しています。

ファクトリーラボHP
かたらいの郷HP