[ 展覧会、パフォーマンス、webサイトでの公開 ]

ATAU-能う/与う-

猪狩大輔、藝大COIロボットパフォーミング・アーツグループ

8月27日(木)~9月1日(火)

12時〜20時

※8月27日のみ18時〜20時

新宿眼科画廊地下/オンライン配信(YoutubeLive予定、無料)Google Map

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11

タイトルの『ATAU-能う/与う-』は、「デジタル技術という“道具”がこれからの芸術表現に“与”えること/不可能から可“能”にすること」というコンセプトから名付けたものであり、そこに科学分野における時間の記号τ(タウ)から「ひとつの(共有の)時間」を意味する「 a τ(ア・タウ)」という意味を付け加えて今回の講演タイトルとしました。

即興パフォーマンスをデジタル技術で“重畳”し、複雑に重ねられた表現のレイヤーによって「おなじ15分」をすべての共演者が共有し、継承し、更新してゆく、「コロナ時代の舞台芸術」を探る試みによって、すべての舞台が受けた困難に挑戦します。

※イベント形態
2時間ごとに15分間のパフォーマンス(ライブ配信)計21公演予定+過去パフォーマンスの映像展示(アーカイブ配信)

詳細はこちら(PDF)