藝大コレクション展 2020
―藝大年代記(クロニクル)

東京藝術大学

2020年9月26日(土)〜 10月25日(日)

午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2Google Map

〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8

【観覧料】
一般440円(330円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料

※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
※ 新型コロナウィルス感染症の状況を鑑み、入館人数の制限等をさせて頂く場合があります。詳しい入館方法については、事前に東京藝術大学大学美術館 公式サイトをご確認ください。

藝大コレクション展 2020では、東京藝術大学の前身の東京美術学校開学から現在までの、美術教育の成果を年代順にたどります。第1部では、上村松園の《序の舞》、狩野芳崖の《悲母観音》など、名品群を紹介します。第2部では、藝大を象徴するコレクションと言える自画像群を特集します。黒田清輝を中心とする西洋画科の卒業課題としてはじまり、現在まで続くコレクションで、その総数は現在6000件を超えます。これらの自画像を、日本近代美術の流れを示す「歴史資料」として扱い、100件以上の自画像を一堂に並べ時代の変遷をたどります。